Ciscoコラム第3回場所に依存しない働き方でコミュニケーションの質を落とさない方法

前回は、新しいワークスタイルを作る際に重要となる、共同作業(会議)をどのように効率化するかについて、ペーパーレス化の重要性やビデオを用いたリモート会議をご紹介しました。

今回は、場所に依存しない働き方を実現するカギとな る、どこにいてもコミュニケーションの質を落とさないための方法についてお話させて頂きます。

まず初めに、みなさんは普段仕事で人とコミュニケーション するとき、どんなツールを使っていますか?メール?FAX?やっぱり電話?それとも、会わなきゃ始まらない?

相 手によって、また時と場合によって色々だと思います が、概ね共通しているのは、メール・電話・会う(対面)の3つです。まずはメールでやりとりして、急ぎの時は電話で話す。なにか議論や、交渉の時は、やっ ぱり直接会って顔を見ながら、、、というスタイルの方が多いのではないでしょうか?

でも、実はみなさんプライベートでは、新しいコミュ ニ ケーションツールをどんどん使っています。そう、LINEやMessenger、Skypeのような、モバイルでのメッセージ(チャット)ツールです。友 達や家族と、リアルタイムにメッセージ(画像も!)を交換できて、離れていても相手を身近に感じることができますよね。(私も使ってます!)

あまりに便利なので、仕事でも使っているというような話もチラホラ聞くようになってきましたが、それは要注意! セキュリティやコンプライアンス上、プライベートのメッセージアプリの使用は認めていない企業も多く、「シャドーIT」の温床にもなりかねません。

「便利なツールなのに、使えないなんて。。。」と思うあなた!ちゃんとビジネス用のセキュリティと管理のされた、「ビジネスチャット」を使えばいいんです!

Cisco Jabber はCiscoが提供するコミュニケーションアプリですが、ビジネスチャットにももちろん対応しています。相手がPCを使っていても、スマートフォンでもタ ブレットでも、メッセージをリアルタイムに送信できるので、オフィスの中でも外でも、スピーディな情報交換が可能です。

IMG_2629

例 えば、すぐに相手に確認してほしい事があるとき、ビジネスチャットを使えば、移動中で電話に出られない相手でも連絡が取れる確率が上がります。最初に「今 どこ?」ってメッセージから始めて、会ってもいいし電話をしてもいいので、場所を選ばずにスピード感のあるコミュニケーションを実現することができるので す。

プライベートでこんなに活用しているツールを、仕事で活かさない理由はない!
安全なビジネスチャットで、効率アップを実現しましょう!


弊社が提供するCiscoソリューションについては以下をご覧ください。
https://www.si-jirei.jp/Cisco/

Related post

更新情報

最新コラム

  1. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。 クラウドの市場データを追いかけている方は、そろそろ気…
  2. はじめに 今月発生しました台風21号、北海道胆振東部地震により被害にあわれました方に心よりお見舞い…
  3. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今日は「広告に頼るWebサイト集客はやはり厳しい件。コンテン…

ログインステータス

You are not logged in.
Return Top