パスワード管理コラム第2回:大学事例 トークンデバイス不要でパスワード管理ゼロ

こんにちは。吉政創成の吉政でございます。

今日は大学のワンタイムパスワード管理のお話です。

IT化された大学ほど、ワンタイムパスワードの環境がシビアであると思います。その理由は以下の通りです。

1.毎年多くの学生が入学し、ITリテラシーもまちまちで、所持しているスマートデバイスも様々であるため、トークンデバイスが必要なワンタイムパスワードソリューションでは、手間とコストが非現実的になってしまうため。

2.IT化された大学ではパスワード漏えい事故=学生の個人情報流出になるため、大学の信頼が落ちてしまうため、パスワードを学生に管理させるのは漏えいリスクが高くなりがちであるため。

3.各学部でWebサービスが別々に管理され、個別のサービスの立ち上がりが多く、拡張性が高いパスワード管理ソリューションでないと、結局複数のパスワードを学生が管理しなければならなくなるため。

従 来のパスワード管理ソリューションで、端末側のトークンデバイスを不要にして、導入の手間とコストを削減しようとすると、利用者にパスワードを覚えさせる 必要が出てきてしまい、パスワード漏えい事故のリスクが上がります。一方でパスワードを管理させないようにすれば、生体認証などのトークンが必要になり、 導入と運用の手間とコストが膨大になり、非現実的になってしまいます。想像してみるとお分かりになると思いますが、市場に存在しているほぼすべてのスマー トデバイスに対応したトークンデバイスを全学生にインストールさせる手間とコストを考えると、気が遠くなりそうですよね。しかも新しい端末が出るたびに多 くの学生が新しいスマホを購入すると思うのです。その手間とコストを考えると、トークンデバイスが不要のソリューションでないと、検討にも値しないと考え ます。

このジレンマを払しょくできたのがPassLogicなのです。PassLogicであれば、トークンデバイスが不要でブラウザさ えあれば利用出来るため、個別のスマートフォンにソフトをインストールする必要はなく、パスワードを覚える必要がないため、パスワード漏えいの心配もない わけです。

ここで、大学の管理担当者の方からのコメントを紹介します。

「現在のキャンパスライフは昔の大学のそれとは違 い、ITが不可欠いになっています。休講連絡などの学生への通知はもちろん、学生が行う各種申請や、応募・な、レポートの提出等どもパソコンやスマートデ バイスから行っています。当校、校内のIT化を進めるにつれ、多くのサーバが立ちあがり、その都度、認証機構を作り、学生は個別にパスワードを管理してい ました。それにより、パスワードの管理も煩雑になり、パスワードに関する問い合わせも増えるようになり、同じパスワードを使いまわしたり、1年以上もパス ワードを変更しない学生が出てきたりしていました。そのようなときに、出会ったのがパスワードを管理しないパスワード管理ソリューション PassLogicです。PassLogicは利用者がパスワードを覚える必要がなく、認証側でトークンデバイスを準備する必要もないので、最初に説明を 受けた時に「これだ!」と思いました。」

いかがでしょうか?なお、本事例は詳細の事例集を公開しております。
興味がある方は以下よりダウンロードください。
https://www.si-jirei.jp/success/

passlogicuniv

Related post

更新情報

最新コラム

  1. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今日は「コミュニケーション効率の向上で業績が好転するのはなぜ…
  2. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。第十回:「一万円前半で買えるCisco無線LANアクセスポイ…
  3. こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今日は「お金をかけずに直帰率を改善する方法」という内容で書き…

ログインステータス

You are not logged in.
Return Top