対談シリーズ:セキュアヴェイル編

ディーアイエスソリューション株式会社(以下、DSol)の看板サービスである技術サポートにセキュアヴェイルの「NetStare」と 「LogStare」を採用することになりました。そこで、「NetStare」と「LogStare」及びセキュアヴェイルの強みについて、弊社 第一 事業部副事業部長兼サポートマネージメント課課長 河北 典夫がインタビュー致しました。

※NetStare(ネットステア)
システムの安定稼動からセキュリティ対策までトータルでサポート。お客様の環境にあわせてご提供するネットワークシステム運用・監視サービス。

※LogStare(ログステア)
効果を見ながら段階導入できる業界唯一の「統合ログ管理システム」。直感で理解できるシンプルな設計で、誰もが高度なログ分析を簡単に操作が可能。

河北 典夫(以下、河北)「米今さん、山崎さん、本日はありがとうございます。これから、貴社のソリューションを活用して、弊社がビジネス展開をしていくのですが、弊社のお客様に貴社とソリューションをもっと知っていただきたくて、今回の場を持ちました。」

imayone米今政臣氏(以下、米今)「河北さん、こちらこそ、ありがとうございます。このような場を頂き、本当に感謝しています。」

山崎美和子氏(以下、山崎)「ありがとうございます。全力で支援いたしますので、是非、この協業を成功させたいです。」

鈴木達也(以下、鈴木)「営業としてはちょっとプレッシャーになってきましたね。(笑)でも大丈夫でしょう!」

河北「そうですね。今回の協業はそもそも一年前から検討が始まっていて、当時から評判のサービスでした。それに営業の方も技術の方もとても熱心でしたし、とても好感が持てました。」

鈴木「社長自ら何度も大阪から東京の弊社事務所に通っていただき、技術力とサービス品質の高さのみならず、熱意も非常に印象に残っています。」

米今「えっそうでしたっけ!?まぁでも、弊社はセキュリティを中心としたネットワークを運営する会社なので、ネットワークの重要性はよく理解しています。多くのお客様をサポートされている貴社に弊社の技術が活用されることを考えると、ついつい力が入ってしまいました。」

kawakita河北「熱 意だけではなく、弊社のサポートソリューションと顧客層にも貴社の製品は合っています弊社はシスコユーザのお客様がおおいので、セキュリティ意識が高いで す。障害後に復旧すればいいというのではなく、障害の原因と次の対策も当然求められます。そういう意味でも、セキュアヴェイル社のサービスはシスコを中心 とした機器のログを収集するのに適していました。」

米今「弊社はもともと、お客様からネットワークの 監視や管理を請け負うサービスから始まっている会社でもあるので、お客様のかゆいところや気にしているところが身にしみこんで体で分かっている会社です。 過去の経験と培ってきた技術力・ノウハウをフルに活用してNetStareとLogStareを展開しています。弊社の技術力を高く評価いただき、ご採用 頂いたことをとてもうれしく思います。」

河北「技術力の高さもそうですが、サービスのきめ細やかさもデモやご説明を拝聴して、ものすごく感じています。」

米今「あ りがとうございます!弊社は、ネットワーク機器が出すログのキーワードで、アラートメールをすぐに通知するテンプレートを持っております。そのなかの Cisco製品用のログ監視テンプレートを、ダイワボウ情報システムグループ向けの限定モデルとしてご提供しています。さらに高い品質でご提供できると自 負しています。そして、弊社は運営が主体の会社ですので、自社の監視サービスの必要性から国内で販売されている主要な製品のログにほぼ対応しています。お 客様の環境を選ばず、サービスを提供できるのも強みです。その点も安心してお任せください。」

yamazakimiwako山崎「加 えて、お客様がお持ちでない様々なログ解析ノウハウを持っているので、分析力は非常に高いと自負しています。お客様のシステム管理者の方は人事異動等によ り、常に一定のレベルのサービスを社内に向けて提供し続けるのは難しいと思います。その点、弊社は経験値が高い人材が常にサポートさせて頂きますので、最 高品質でのサービスを常にご提供できます。」

鈴木「素晴らしいです!さすがという感じですね。」

河北「ありがとうございます。最後に米今社長から読者の皆様に一言お願いできますでしょうか?」

米今「最 近は、お客様がスリムな経営スタイルをめざして、クラウド化を進めていらっしゃいます。当然、クラウド化していくことでコスト削減など良い点もあります が、一方では、セキュリティ面で注意すべき点が出てきます。それは、お客様の環境とクラウド環境の経路が常に正常に稼働しつづけなくてはいけないと言うこ とです。通信経路を監視し、システムを安定的に稼働差し続ける為の環境を維持、監視していく、それには、お客様とベンダーと一体となり、一緒にサービスを 提供していくような密な連携も必要になります。そのような時代の流れの中で、今後にわたってもDSolさんやお客様に愛され信頼される会社でありつづけて いきます。引き続き宜しくお願いいたします。」

河北「米今さん、ありがとうございました。読者の皆様ご理解いただけましたでしょうか?弊社はセキュアヴェイル社と協業することで今まで以上に万全の体制で皆様のシステムを保守できるようになりました。是非、引き続き宜しくお願いいたします!」

Related post

更新情報

最新コラム

  1. 先日、MicrosoftウェビナーにてPowerAppsを使ったモバイルアプリケーションの作成方法に…
  2. はじめに 初夏の暑さを感じる季節になりました。早くも30℃超えを観測している所もありますね。そんな…
  3. みなさん、こんにちは! プライム・ストラテジーでコンサルタントをしております、穂苅 智哉 (ほ…

ログインステータス

You are not logged in.
Return Top