2011年9月号 貴社の仕事をより効率化しませんか?

  • 2011/9/20

このメルマガの内容は2011年9月号時点のものです。予めご了承ください。
------------------------------------

いつもお世話になっております。

昨今、クラウドサービスの普及により、インターネット経由での仕事が増えていませんか?

また、データセンターに設置したお客様へ提供するサービスの利用頻度も増加傾向で、
急に回線増強によるサービスの品質向上を行わなければならないことはないでしょうか?

弊社の営業活動においても「インターネットの回線増強」が
社内外のシステム提案のポイントになってきております。

コストをあまりかけずに回線を増強することが出来れば、
お客様向けのサービス品質や社内利用者の効率も向上し、
仕事の効果の向上にもつながりませんでしょうか?

コストを極端に上げずに確実に通信帯域を上げるアイディアがあれば、
それはシステム運営者にとって願ってもない提案になると思います。

今回は、弊社から通信帯域増加のご提案方法をお伝えしたいと思います。

-----------------------
意外なところにボトルネックが・・
-----------------------

複数のインターネット回線を、
あたかも1本のインターネット回線に束ねることのできる
ネットワーク技術があったらどうでしょうか?

「通信速度が速くなったので、仕事で利用するシステムのストレスがなくなった」

「100Mbpsの回線から一つ上のクラスの回線契約をせずに増強できた」

これは、その技術を用いてCiscoASA5500シリーズを導入頂いたユーザー様の声です。

もし、高額で高速なインターネット回線を必要以上に利用する必要がなくなれば、
回線費用を抑制することができるのではないでしょうか。

このような機能を活用できるCiscoASA5500シリーズを
皆様の業務にお使いのインターネット回線や、
お客様に提供するサービス回線にご利用することをおすすめします。

●物理的な回線を仮想的に束ねる技術「リンクアグリゲーション」

IEEE802.3adとして規定されている、
「リンクアグリゲーション」という技術があります。

例えば、100Mbpsの回線を2本用意し、束ねれば200Mbpsの回線帯域を確保できます。

もし、束ねた1本が回線不具合で利用できなくなっても、
100Mbps回線で接続を続けられるという耐障害性も備えています。

●本当に早くなるの?

リンクアグリゲーションで回線を束ねることによって、
1度の通信で送受信できるデータ量が増えます。

また、CiscoASA5500シリーズは、ファイヤーウォール機能と
侵入検知などのモジュールで別々のCPU上で動作しますので、
その分通信に要するパフォーマンスを担保することができます。

ただ、くやしいですが、机上でご説明させて頂きましても、
こればかりは実測してみないと評価することができません。

そこで今回、ご希望のお客様は、モニターを実施できればと思います。
ご希望のお客様は、弊社営業担当までご連絡ください。
※お客様のNW構成によっては、モニターを実施できない場合がございます。
予めご了承ください。

今回の話を聞いて、社内に提案をしてみようかなと思われた方は
ぜひ、アンケートメニューにお進みください。
▼アンケートページはこちら▼
http://dr-marketing.jp/~v9c4udfy/_dm/cc.php?ccd=17.17.3
※9月30日までにアンケートにお応えいただいた方から
抽選で5名様にiPod nanoをプレゼント致します。

ご不明点や、詳細については
弊社営業担当までご連絡ください。

私どもの営業マンがお待ちしております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

このメールは、ディーアイエスソリューション株式会社よりお客様に送信して
おります。
Cisco製品などに関するお問い合わせは、
ディーアイエスソリューション株式会社
第1事業部 IPプラットフォーム課
TEL:03-6429-6081
までお願いいたします。

======================================================

送信中止、送信先変更をご希望のお客様につきましては、誠に恐れ入りますが
下記事務局宛のアドレスまで、ご希望される内容を明記の上ご返信ください。
■送信中止、送信先変更受付 :ktakeish@pc-daiwabo.co.jp
送信者: ディーアイエスソリューション株式会社

Print Friendly, PDF & Email

Related post

更新情報

更新情報

ログインステータス

Return Top